ワーキングマザーのらくのすけが綴るラク(1996.6生・男)とハル(2001.1生・女)の子育て日記です。


by akirakuharu

読書メモ

リンクか何かで上手に記録できるのかな?
とりあえず今年は読書メモを書くことにしよう。
でも書名だけに終わりそう。

「流れる星は生きている」藤原てい
藤原てい氏は今をときめく数学者で物書きの藤原正彦氏の母。
夫は新田次郎。
3歳の正彦氏,上に5歳の正広氏,0歳の咲子さんという3児を連れて
戦後夫と離ればなれになり,一人満州から引き上げるノンフィクション。
北朝鮮から38度線を越えるまでの死にもの狂いの逃避行は
涙なくして,というより,
私にはできるのか,私ならここまでできるのか,と
グサグサと心に突き刺さるものを感じながら読んだ。
戦争の実態はこういうものでしょう。
戦艦大和の映画は見ていないけど
見る気がしないのは,
どこかであの映画は戦争における男性の日本人魂のようなものを
美化してるような気がするからかも。
(いえ見てないんですけどね。)

「九月が永遠に続けば」沼田まほかる

沼田まほかるはポスト桐野夏生などと書かれていたけど
年末読んだ桐野の「アンボス・ムンドス」はイマイチだったな~
読後感が良くないのよね。最近のこの人の小説。
[PR]
# by akirakuharu | 2006-01-11 12:38 | ワタシ

ルネサンス絵画

e0063182_12533721.jpg

みんなで
プラートというフィレンツェの近くの都市の絵画を集めた美術展へ。
私の愛する前期ルネサンス絵画がいろいろ。
宣伝に使われたフィリッボ・リッピ本人だけが描いた作品は1点だけだったけど。
フィリッポ・リッピが例の駆け落ち事件を起こしたのがプラートだったとは知らんかった。

あと有名どころでは,ギルランダイオやえーっとほれ,あの人のもあったし(苦笑)
それにしてもプラートという街のことは知らなかったなぁ。
フィレンツェの近くといえば,シエナやラヴェンナには行ったけど。
あー懐かしのイタリア一人旅…。

イタリアルネサンス美術を語らせたら,結構語りますよ,ワタシ。
でもまぁ今日はやめといて…。
あーイタリア行きた~い!

今回は子ども達連れだったのでゆっくり見られなかったから
今度もう1回一人で行かなくちゃ。
[PR]
# by akirakuharu | 2006-01-10 12:53 | ワタシ

あけましておめでとう

新年あけましておめでとうございます。

今年もラクハル日記をよろしくお願いします。m(_ _)m

今年のお正月はワタシの実家@大阪府豊中市に帰省。
って言っても泊まったのは実家から徒歩5分のホテル!
何で?って思うでしょ?
現在の実家は両親が5年ほど前に移り住んだマンションなので
部屋が無いのと布団が無いのとで,家族で帰った時はいつもホテル泊まりなのよ~

いいんだけどちょっとメンドくさい。
特に大晦日の夜など,
実家でお風呂も入って年越しまでしこたま食べて飲んで
それで夜中の12時過ぎに服来てホテルに帰んなきゃいけないんだから
そりゃたいぎーわよっ!

ハルも今年はずっと起きていて,
もし寝てしまったらおぶって帰らないといけないと恐怖だったのが回避できたので
良かったんだけど。

ともあれ2泊3日の実家帰省でしたが
楽しい年の暮れ,新年を迎えることができました。

今年1年,我が家にとっても社会全体も
どうか良い年でありますように!

(まずは母の検査結果が悪いものでありませんように…)
[PR]
# by akirakuharu | 2006-01-04 12:58 | カゾク
e0063182_23575891.jpg

25日の朝、目が覚めたら枕元にサンタさんからプレゼント!
ラクにはスペースワープ(コースを組立て小さい玉を転がすもの)。
ハルには水でくっつけるアクアビーズのセット。
リクエスト通り。
サンタさんありがとう!
[PR]
# by akirakuharu | 2005-12-30 23:57 | コドモタチ

大雪!

e0063182_15295936.jpg

12月に3度目の積雪!
今年は12月から日本全国大雪のヘンな気象。
今日は私の住む所も最高で20㎝は積もったぞ~。
大人と違い子ども達はうれしいばかり。
映画鑑賞やクリスマス会で疲れただろうに,帰宅直後から
ラクとハルは庭で雪遊びに興じはじめる。
それに果敢に参加していったオット。
子ども達と一緒にかまくらを作ってやり,
「生まれて初めてかまくら作った!」とご満悦。
瀬戸内海の温暖な地域に生まれ育ったオットならではの発言。
にしても正味1時間半も3人は外に居るので,元気というか,何と言うか…
私はソファーでうたた寝しておりましたが。
う~寒っ!
[PR]
# by akirakuharu | 2005-12-18 15:29 | カゾク

クリスマス会

e0063182_15232832.jpg

(↑何の写真か???でしょうが,
これはプレゼント交換中の子どもたちです
手前の子の頭の上のモノはトナカイのカチューシャ。)

ハルの保育園クラスメイト7人の母子で
近くの料理屋さんの座敷を借り,お昼にクリスマス会&忘年会をしました。
おりしも大雪となり,幹事としては中止しようかどうか迷ったけど
楽しい一時を過ごした。

私にパワーがなく,ラクの時のように我が家で開いたり
お店でする時でもゲームやクイズをしたような趣向は凝らせなかった。
今回はサンタさんへのリクエストを子ども達に発表させることと,
プレゼント交換くらい。
トナカイのカチューシャをトイザラスで買っていたのを配って
お母さんの1人が持って来てくれたクラッカーを打ち鳴らし。
それでもハルはもちろん,子ども達は多かれ少なかれ楽しんでくれたと思いたい。

母親たちはも少しゆっくり話したかったけど
ゆっくりじっくり話せないのは子連れの会の宿命。
また機会があれば…。
幹事めんどくさーい!という私と,今度はもっと面白い会を企画するぞ~!と思う私。
(爆)
[PR]
# by akirakuharu | 2005-12-18 15:23 | ハル
先日,来年度人事に向けての異動希望調査とヒアリングがあった。

今の職場は2年済んで,来年度は3年目になるのだけど,
そりゃ仕事の内容も,忙しい時期が結構あることも,希望を言い出せばきりが無いけど
環境を変化させたくないので,今回は異動したくないという希望を出した。

上司はそれはまぁわかったという返事
(OKとは言えないから,私の希望は聞いたということ。)。
で,ちらと私の調査表を見て
「らくのすけさんも○歳?ということはあと○年の職場人生で,
これからのポジションを考えて,
少しキャリアアップすることを考えないといけないね」と言われた。

確かにせっかくいわゆる総合職的な入り方をしているのだから,
このまま今の立場を何年も続けていくのでなく,
とりあえずはグループのリーダーになることを目指すべきなのだろう。

だけど今のような残業ほぼナシの働き方をしていてそれは無理でしょ?
やはりそれなりに時間もかけないと,仕事はやっぱり片付かないし
人を率いることもできないでしょ。

私も最近自分の進むべき方向に迷いを持っている。
一つはこのまま時間外勤務の少ない比較的楽な職場を選んで渡り歩く方法で
おばちゃんになっても責任のあまりないポジションを選ぶ方法。

我が職場の年配女性には,こういうずっと庶務業務をしてきた方が結構多い。
もともと入庁した数が少なく,
その中で管理職になるような女性はやはり少ない。
年配(まぁ50代中後半くらい?)の管理職になってるような女性たちは,
それこそ子どもが小さい時は子どもをおぶって休日出勤していたことが
美談として語り継がれているような方たち。

その下の世代で50歳前後の中には
結構バリバリ活躍している人もまま多い。
リーダーやそれ以上となって働いている50歳前後の人は
やっぱり相当苦労してきたんじゃないかな~
結婚していない人もちらほらいるし,
子どもがいてもそれこそおばあちゃんに育ててもらったという方もいる。
そうでなければ今のポジションは無かっただろう。
そういう働き方をしてこなければ,
さっき言った庶務的な仕事を請け負う多数の女性の中にいただろう。

私の入った年あたりから,いわゆる総合職的な女性が増えてきたので
まだ,ほんのすぐ上の世代で参考にできる女性の絶対数は少ない。
それでもちょっと上や同僚の中に
グループのリーダーとなって部下を率いてる先輩や友人もちらほら出てきた。

その女性たちは
独身か,結婚しても子どもが居ないか
子どもがいても親と同居・近居しているか。

再来年ハルが小学校に入学したら,
保育園の送り迎えは確かに無くなる。
だけど即残業体制に入れると思ったら大間違い!
今は小学校に入ってからの方が
家に早く帰るから心配だし,
昨今の通学途中での事件に巻き込まれるような不安要素は逆に増えるし,
学校行事もPTA仕事も増えて,親の負担は増えこそせよ決して減りはしない。
だから「ハイ,子どもが小学生になったから
毎日7時でも8時でも居られます」なんて言えないでしょ?
それに家事は私が何時に帰ろうとちゃんと待っているんだから(笑)

一体いつになったら
時間を気にすることなく仕事に没頭できるようになるんだろうと考えると
それはまだまだあと10年も先じゃないかと思う。

だから
私はこんな中途半端な働き方でも
もしかしていいんじゃないかって思うんだ。
みんなが残業している中,
「お先に失礼します」って帰ってもいいよ,って。
ずっと子どもが一番,仕事は二番,でもいいよ,って。

これは確かにある意味逃げているわけだけど。
私は子育てを最優先したいから,
申し訳ないけど残業はできないって責任を放棄しているわけだから。
私は私のやり方でいいって公言して,開き直って
それを回りに認めさせようとしているだけだから。

板ばさみだ。
どれもこれも中途半端かな。

(語り足りません。続きます(^_^;))
[PR]
# by akirakuharu | 2005-12-13 13:00 | ワタシ
愚痴シリーズ(爆)第2弾。

私はハル@4歳に
高校ぐらいで進路を決める時に言おうと思っていることがある。
「お母さんはあなたに,将来,結婚して子どもを産んでほしいと思っている。
結婚は別にして(!)子どもを持つ幸せを知ってほしいから,
相当の思いが無ければ子どもを持ってほしい。
そして子どもを産んでも仕事を続ける方が“私は”いいと思うけど,
あなたも同じ思いで仕事をしたいと思うのなら,
お母さんの近くに住みなさい。
私が孫の世話をできるだけ手伝うから。
そのためには早くおばあちゃんにしてくれないとだめよ。
あなたが30過ぎて出産したらお母さんはすぐに70歳になってしまう。
ま,こればっかりはお母さんだって人のこと言えないからしょうがないけど(苦笑)
でも育児は体力が必要だからできれば私が元気な時にして。」
なんてことを。

おかしい?
おかしいよね。
おばあちゃんが育児?
働く母親は,自分の母親や夫の母親にこれまた順繰りに育児をさせる?

だけど20年後,30年後の日本の子育て事情が
今と大きく変わっているとは残念ながら思えない。
女性が子育てしながら仕事をしようと思えば
保育園でカバーしきれない部分の育児を誰かが担わなければならない。
保育シッターとかサポーターが増えていたとしても
今よりもっと利用しやすくなっていたとしても
日々の残業,出張,休日出勤への対応,
急な発熱,病気の通院,入院,毎日の送り迎え,
園や学校の行事(参観日,発表会,懇談会,PTA行事…),お稽古事,
お友達との付き合い,トラブル対処,必要な物の調達,買い物
などなどなどなどなどなど
子どもにまつわる雑事はたっくさんあって
それはまた他人にはなかなか頼めない性質のものたち。

だから私はハルにこう言おうかと思っているんだ。

私自身,遠方の母に年に数回来てもらっていた時は
ずいぶん助かった。
でも日常的な援助ではないから,期限付きだから,
なかなか自分の仕事やスケジュールとは合わなかったりして。

実家の近くに住んでいる,ワーキングマザーの友人達は
毎日子どもの送り迎えや,夕食,までを自分の母親に頼っている。
残業で遅くなっても,近くの実家に行けば,
自分の子どもが,おばあちゃんの作った夕食を食べて宿題も済ませている。
またはおばあちゃんが孫の家に毎日通って,または平日住みこんでくれて
家事,育児を担ってくれている。
仕事で遅くなるのも,電話一本かけて「今日遅くなるから~。」で済む。

そういう同僚達を横目で見ながら
後ろ髪引かれる思いで毎日6時前に職場を離れる私。
仕事はいっぱい残っている。
今日はせっかく仕事が乗りかけていたのに,ここで終えないと間に合わない…と
心で悔しい思いをしながら。
あと,10分,あと5分ならできそうだ,次の電車でも何とか間に合いそうだ…と
時計を横目に見ながらバタバタと片付けて廊下を走って帰る毎日。

でも,
でもおかしいよね?
確かに羨ましいけどやっぱりなんかおかしいよね?
おばあちゃんが居ないと働きつづけられないなんて。

あー時間切れ。続きます…(激爆)
[PR]
# by akirakuharu | 2005-12-07 13:01 | ワタシ
お友達のブログでちょっと愚痴っちゃったので
自分のブログでしっかり愚痴ろう(爆)と,今日はこのテーマ。

フルタイム正社員で働く私の実家は他県で,新幹線で1時間半。
ドアツードアだと2時間半強,といったところに両親2人で住んでいる。
オット母は長いリウマチ闘病の末今年の夏に他界。
だもんで,日々小学3年生と保育園年中の2人の子どもを抱えて働くカタチは
どうしてもヘルプ無しの残業無しとならざるを得ない。

これが結構キツイ。
周りは毎日9時10時まで普通に残業している人達ばかりで
その中で私ともう一人の主婦職員が毎日5時半過ぎに職場を出ている。
50人ほどの同じフロアで,働く主婦は5人。
小さい子どもがいるのは私と別のもう一人だけ。

でもその彼女は毎日残業。
ご主人のご両親と同居のため,夕食を含めた家事一切せずに過ごせると言う。
逆に早く帰ったりすると,「早く帰れるなら毎日もっと早く帰りなさい」と小言を言われるそうで
残業しない日は何と飲みに行っている!それも週1,2回も。

同じ職場の何千人の職員のうち,子どもを産んでも働きつづけている率は
私の職場の場合大変多いと思う。
特に私の入った年以降,女性の比率が倍,倍と増えていったので
ちょうど子育て真っ最中の女性も結構多い。
でも,この多くの子育て女性たちは
一緒に住んでいたり,近くに住んでいたりするハハオヤがいるのを
私は知っている。
そうしないと残業できないことを知っているから。
彼女も,彼女も,彼女も,彼女も…。

もちろんそればっかりではないのも承知しているし,
その前提として,私の職場の性格として
子育てしながら女性が働く環境,制度が整い,これに守られているからに他ならず,
私もその恩恵を享受している一人だとは十分認識している。

それでも毎日早く退庁するたびに胸がチクチク痛む。
私がほったらかしにしている仕事の負担は
直接的ではないにしろ,回りの同僚や上司がかぶってくれているから。

私がどうしても残業せずには済まない時が月に何度かはある。
そういう時は,前前からオットに頼んで,
保育園のお迎えと夕食,お風呂,洗濯などをお願いするしか方法がなく,
それでもどうしてもオットが無理な時は
保育サポーターさんにSOSをすることになる。

我が家ではその他,シルバー人材センターの方に夕方来てもらって
夕食作りや洗濯物取り入れをしてもらっているので
家に帰り着いた18:30から,バタバタと夕食作りをしないでいいようにはしている。
夕食だって食材宅配をバンバン利用。

だけどそれだってタダではないのだから
働いたお金がその分出ていっていることになる。
実母や義母でも,
とにかくおばあちゃんの手助けがある人が本当にうらやましい。
気は遣うと言うが,融通が利くから。
急な残業で帰れなくなり,保育園のお迎えに間に合わなくなり,
オットも無理で,これで保育サポーターさんに断られたら…と,
サポーターさんに電話で助けを求める自分の声が
泣きそうになるなんてことないだろうから。

では働く子持ち女に必要なのは,家事・育児を代わってしてくれるおばあちゃん??
それは…

この話は続きます…スミマセン。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-12-05 12:41 | ワタシ
毎年市の豊かな保育を作る会が行っている,保育行政充実のための署名を
保育園民営化反対のため,より強力に行うこととなっていて,
先週土曜は同じ区内の保育園の保護者会と協働で
街頭署名活動を行った。
私も,ラクがキャンプに行っていたこともあって,
ハルを連れて協力。
同じ保育園から3人のお母さんが来て,
区内のショッピングセンターの連絡通路兼歩道橋で行き交う人の署名をお願いする。
天気はまあまあだったけど,ちょうど日陰になってしかも風が強くて,寒い寒い!
もう10分でやめたくなった(笑)けど
14時から15時の1時間という話なので,しかたなく(?)がんばる。
「保育行政の充実のための署名にご協力お願いしま~す!」
「豊かな保育の実現のための署名にご協力お願いしま~す」
と声掛けるんだけど,これがなかなか難しい。
無理強いはしたくない,という気持ちがあるので,
私は通路の端に立って,こんな風に呼び掛けてたんだけど,
他の方々は,声を出すのではなく,通る人を捉まえては話をしている様子。
そうか,そうやってやるのか…とは思ったけど
誰を捉まえるにしても何だか遠慮が出る。
お年の方は,“書くの難しそうだな~”,
赤ちゃん連れの方は“赤ちゃんをこの風の中に待たすのは可哀想だな…”
若者だと,“興味ないだろうし…”
両手に荷物の人にはこれまた声掛けられない。
わずか50mほどの通路に,7,8人も立ってるもんだから,
通路を通ろうとしている人達が,こわごわこっちを見ているのも何だか申し訳ない。
ま,それでも持ち前のずうずうしさは消えないので,あれこれがんばって
22人に書いてもらうことができた。
この日全体で400人分の署名が集まったそう。
ハルは行く前に「おねがいしま~す!」って言う気になってたけど,
いざその場に出ると恥ずかしくて声など出ない(^^;)
でも署名してくれた人にチラシを渡す役をしてくれた。
消え入りそうな声で「これどうぞ…」って。

で,この日は行ったら地元ローカル局が1社来ていて,
何だか一生懸命撮影している。
そのうち私の近くにも来て「呼び掛けているところを撮りますから。」と言う。
何かあれこれ長々と撮っているし,まぁカットされるに違いない,
ここで「いえ,困るんです,撮られると…」なんて言うのも
逆に自意識過剰かな?なんて考えてしまって,されるがまま(?)にしておいた。
下の方から撮っていて,あまり邪魔にもならなかったし。
でもハルがチラシを手にしているのも入っている感じのアングル。
まぁ気にしない,気にしない,と思ってがんばって声を掛けていた私。

夕方くたびれて家で寝てたら,一緒にやった人からのメールで
今日の様子が夕方のローカルニュースで流れる予定です,って聞き,
自分が出なくてもとにかく録画しとこうっと,とセット。
18:55頃,流れたニュースにはばっちり私とハルの姿が!!!!
キャーキャーとハルと大騒ぎ。
ハルも何が起こったのかわかったらしく,二人で大興奮の夕方でした。

これはまぁたまたま映った,という類のものだけど
記念にはなるかもね。
でも瞬時に「一保護者として,休日にした活動だし,何の問題もないよね??」と
オットに確認した私でした。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-11-24 13:00 | ワタシ

JAFロードサービス見学会

e0063182_13311566.jpg

会員用のサービスの見学会に参加。JAFのサービスマンの制服を着て記念撮影。なかなか楽しい、お得な催しでした。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-11-13 13:31

ピアノレッスン開始

e0063182_21415669.jpg

今日からハルはカワイ音楽教室へ。
いろいろ試した結果、平日夜に受けられる個人レッスンに。
本人はやる気満々。先生も優しくてカワイイ先生で、ハルは本当に嬉しそう。
これから楽しみだねo(^-^)o。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-11-07 21:41
前にも書いたけど,今年はラクのPTA役員なので
何かにつけ大変なのである。

先週は学校公開日で参観,懇談に加え,見守り当番。
予算の時期に突入しているとあって
1時間目から参観可能と言われても,行けっこない。
でも4時間目の音楽は発表会(これまた行けない)の練習とのことで
後半の20分だけ見られるよう職場から駆けつける。

と,今日は役員のこと。
参観日だけなら,ラクに我慢させて行かないというハナシになりそうだったのが
懇談会の司会をしないといけないワタシ。
今回は学年3クラスでの懇談だから
3人の役員がいるはずなのに
1人は来られないと欠席
もうひとりはすべて私にやって~と泣きを入れてくるから
先月の学年学習会(PTC)同様,
司会,進行をせざるを得なくなる。

で,15時からの学年懇談会の出席保護者は…
17人!!!
このうち役員が半分はいるから,自由参加の保護者って本当に数えるほど。
何かナサケナイよね~。
私も1,2年生の2年間で,行かなかった懇談会は6回中2回はあるから
あんまり大きなことは言えないけど,
授業参観には来るのに,懇談会は当然のように帰ってしまう保護者も多くて
(私はそれはないぞ!)
自分の子どもだけ見てればそれでいいのか!
個人懇談だけで,全体のことを知ろうとする気が無い保護者が多いのが気になる。

兄弟がいる人は,どちらかの懇談会しか出られないからしょうがないんだけど
とにかく少なくてがっかり。
先生方にも本当に失礼。
子供達にアンケート調査をして,資料として用意してくださっていたのに。

質疑も盛り上がらず,別にこういうのって初めてじゃないし
すごく困って,というわけじゃなかったけど
「○○さん,どうですか?」なんて知っているお母さんに振らないと
何も発言が無いっていうのもサミシイ限り。

その中で,授業時間が少ない,体験学習や行事の練習にばかり時間を取っている気がする,と
発言してくれたMさんは貴重な存在だったわ!
[PR]
# by akirakuharu | 2005-11-07 13:03 | ワタシ

ジャック・オ・ランタン

e0063182_17421366.jpg

ラクが先週英語教室でもらってきたかぼちゃ。
なかなか作れず、ハロウィンも過ぎちゃったけど、やってみました。
ラクとハルでがりがり中身をかきだして。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-11-03 17:42
先週末はラクは夫と皮膚科&古代エジプト展観覧。
ハルは保育園に預けて!私は午後からミュージカル鑑賞。
(いえ,午前中はちゃんとPTAの仕事だったんですけどね(^^;)
演目は劇団四季のクレイジー・フォー・ユー

四季は一昨年のキャッツ,
昨年のジーザス・クライスト・スーパースターに続いて
3年連続。

今回は友人のおかげで1階1列目の真ん中というものすごーくいい席で
もうそれはそれは堪能しました。
役者さんの顔をあんなに間近に見たことなんてなかったし,
ダンスの迫力,タップの迫力が違う。
滴り落ちる汗,ターンとともに飛び散る汗が見えるなんて…

このミュージカルはダンスを見せるものとあって,
余計に近くで見られて楽しかった!
学生の頃,ジーン・ケリーの「雨に唄えば」や「巴里のアメリカ人」,
フレッド・アステアの映画なんかをたくさん観たことを思い出しました。
でもやっぱ,映画と舞台はちがうわ~

この友人,大の劇団四季ファンで,
お気に入りの俳優さんがいるのもあって
来月は福岡で「美女と野獣」
再来月は大阪で「マンマ・ミーア」などと
全国あちこちの公演を観に行っているそれこそクレイジー・フォー・ミュージカル!
でもそのおかげでこーんな素晴らしい体験ができて満足満足。

この演目は「ジーザス・クライスト」なんかと違ってコメディなので
笑いがいっぱいで元気が出る。
また毎日がんばっていけるわ!っていう気になることができました。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-10-26 12:46 | ワタシ

交通科学館

e0063182_22193384.jpg

いったい何十回目になるだろう、ここへ来るのは。
今日はラクが電動クレーン車工作教室で、オットと一緒に作ってる間、ハルと私は外でいろいろ自転車遊びを満喫しましたワ(あー疲れた(*_*))
[PR]
# by akirakuharu | 2005-10-23 22:19
夕食後,みんなでトランプの神経衰弱。
ラクとハルは今までも2人でしているようだったけど
私が一緒にするのは初めて。
ハルは神経衰弱なんかできるんかい,と思ってたら
(他にできるのはばば抜き。7並べは何とかできる程度。)
これが強い,強い!

私が6組,ハルは9組,ラクは11組という結果。
ええ~っ!ハルちゃん,それって覚えてたの??と何度も聞く私。
まぁ私の方は,何でこんなに覚えられないんだ!!というくらい
すぐに位置を忘れてしまい,
認知症の始まりかなぁ…とサミシイ気持ちになったのだけど
4歳半ってこれくらい記憶力っていいのかな~。

私のように,理屈でどこ,って覚えようとリキ入るんじゃなくて
なぁんとなくイメージで位置を覚えるんかな~。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-10-17 17:41 | ハル

新しい公園へ

e0063182_2231582.jpg

ちょっと足を伸ばして市外の新しい公園へ。
遊具が新しく芝や水も気持ちいい!
なわとびやフリスビーで遊びました。
[PR]
# by akirakuharu | 2005-10-10 22:03

アヤシイおばけたち

e0063182_22364733.jpg


これは,この土日のファミリーキャンプ(前回の記事をお読みください)で
ラクとオットが作ってきたお面。
お面っつーか,紙袋に穴開けて,
木の実やら葉っぱやらモールやら風船やらで飾りをつけたモノ。
ラクのは自身が,オットのはハルが被ってみました。
ハロウィーンの仮装ばりかも…
[PR]
# by akirakuharu | 2005-10-09 22:36 | コドモタチ

私の○○回目の誕生日

に,ラクとオットは毎度おなじみ三滝ファミリーキャンプへ。
これって思い出すと,
2年前のこの時期,私が肺を切る手術&入院中に初めてラクとオットが参加し,
(申し込んだ時は,私が入院するなんてマサカ思ってなかったのよね~)
(んで,山で拾ったイガ付き栗やアケビを病室に持って来てくれたのよなね~)(シミジミ…)
それから2人はすっかりハマッてリピーターとなり,
5月,10月,1月と,年に3回行われるキャンプに私が申し込んでは
2人をせっせと送り出しているもの。
今回もお天気が危ぶまれたけど,
土曜の午後からは何とか降らず,
日曜の今日は快晴で,帰って来た2人によると
昨晩はキャンプファイヤーも出来たし,今日は山歩きで景色も良かったし,最高だったそう。

で,昨日は何と私の誕生日だったんだけど,
まぁ家族でお祝いするようなメデタイもんじゃないから(だって…はぁ~(タメイキ))
ハルと2人で,と思ってたけど
ハルのお友達(A.Nちゃん,Y.Yちゃん)母子がうまく都合を合わせてくれて
我が家に一旦集まって少し遊び,だべった後,
子連れで近所の居酒屋へ。
子連れでも,私にとって久~々の飲みだったのでスッゴイうれしい!
チャイルドルーム併設のお店なので,途中からはハルのことなんかすっかり忘れて(!)
結構飲ませていただきましたわ。
もっとしゃべっていたかったのに,
お店が混んできて8時半で追い出されたのが無念…
こういうシチュエーションって今まであまり私の生活の中になかったけど,
(数人の家族でお店でクリスマス会とかはしたし,
どこかの家で夕食&お酒というのはあるけど
子連れで外に飲みに行くというパターンはないかも…)
いいわ,居酒屋!
片付けないくていいし,居酒屋メニューも楽しいし,
うん,また行こうね!
[PR]
# by akirakuharu | 2005-10-09 22:34 | カゾク