ワーキングマザーのらくのすけが綴るラク(1996.6生・男)とハル(2001.1生・女)の子育て日記です。


by akirakuharu

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

茨木のり子さんが亡くなった。

私が一番好きな現代詩人。
今朝は新聞を開いてびっくりして,
また一人暮らしの茨木さんがひとりひっそり亡くなっていたということにもショックを受けた。

最初の出会いは高校2年生の時。
現代国語の先生は教科書以外にプリントをいろいろ配ってくれる先生で
ある日のプリントに載っていたのが
茨木のり子の「汲む -Y・Yに-」という詩だった。
17歳の感受性を刺激したのは
きっと「大人になることはすれっからしになることだと思っていた」というフレーズだったのだろう。

その後学生の頃彼女の詩集を買ったりしていくつかの詩に触れ,
読みやすく,でも凛とした詩の数々に引かれた。

「自分の感受性くらい」はやはり大学生の頃の私の座右の詩って感じだった。
人のせい,何かのせいにしがちな自分の弱さと勝手さを
「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」と諭されて叱られ
ドキッとしては自省することがたびたびあった。

25歳の頃,がんで闘病中の叔母の病床にプレゼントしたのも
彼女の詩集だった。
叔母も「現代詩って難解なのかと敬遠していたけど
茨木のり子さんのはわかりやすくてでも私の世代に近くて共感も出来るわ,
教えてくれてありがとう」と言ってくれたっけ。
その叔母もその後まもなく55歳の若さで亡くなってしまったけれど。

近年にも
確か「倚りかからず」という詩集を出して
朝日新聞の天声人語にも取り上げられてたのを覚えている。

さっきまた本棚から取り出して読んでみた。
「大男のための子守唄」は,働き続ける男たちへのいたわりと
そしてこの社会への警告が込められている。

「おんなのことば」は
私たちが発する言葉は生きもするし死にもすることを
訴えているのか。

「りゅうりぇんれんの物語」のように
戦時中中国から強制連行された中国人の戦中戦後の悲惨な日々を
淡々と描く長詩もある。

どれも私を微笑ませ,励まし
社会にちゃんと目を向けないといけないよと思わせてくれる詩たち。

茨木のり子さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by akirakuharu | 2006-02-21 11:35 | ワタシ
この前の週末,ラクはまたまた1泊2日の子どもキャンプで少年自然の家へ。
ハルは何と生まれて初めて親と離れてのお泊まりでお友達の家へ。

夕方送って行った時はうれしそうで,不安そうでも寂しそうでもなかったけど
なんせ私の実家にもハルは一人またはラクと一緒にも泊まったことはないので
(ま,ラクも小学生になるまではどこかに一人で泊まるってことはなかったけど)
やはり心配。

夕方5時から翌日10時過ぎに迎えに行くまで
私はオットと,
ラクが生まれて以来初めて(ってことは9年ぶりの)
2人きりの夜を迎えることになってしまった!(^^;)

いや,ま,みんなそうだと思うけど
子どもが居ると夜大人だけで出掛けるなんてありえないから
そういう生活が10年近くも続くと
子ども無しの夜にどうしたらいいかわからなくなるのよね~(爆)

で,結局,せっかく子どもたちが居ないので
子ども連れではちょっと行きにくいお店で食事をし,
レイトショー上映の映画を見ようということになりまして…。

20:30から「オリバー・ツイスト」を観よう!と
喜び勇んで映画館に行ったのですが
スケジュールがその日から変わっておりまして
レイトショー鑑賞がナシになってしまいました~!!(泣)
(ちゃんと調べて行けよ!>じぶん)

「ミュンヘン」も観たかったけど
21時過ぎから0時までということで挫折しました…
それこそ若い時ならいくら遅くなっても平気だったんだろうけど…(涙)

パスタ屋さんでおいしいお肉とパスタを食べ,
でも車だったのでワインもビールも飲まず(悔)
本屋さんに寄って,ラクには「ナルニア国物語」シリーズ4巻目と
お風呂に貼る世界地図と漢字表を
ハルにはプリキュアのノートを買って2人サミシク帰りました…

ハルはその頃お友達のお家で絶好調で
夜は手巻き寿司をご馳走になり,
お風呂に入るのもも寝るのも楽しいばかりで
泣きも,寂しがりもせず,当然電話も掛かってこず,
翌日迎えに行って帰宅する車中では
「ハルちゃん,あと100回泊まりたかったな~~っ」などとのたまうシマツでした。

あーやっぱり子ども達が居ないと
寂しいわ。
ワ・タ・シ・が!
[PR]
by akirakuharu | 2006-02-15 12:51 | カゾク
ちゃいさんのブログの記事「母親が悪者?」を読んで,
そちらにコメントすればいいのだけど
今週も病児保育に預けていて,
その気持ちをつらつら書きたくてPC(昼休憩@職場)に向かう。

保育園に預けることの罪悪感…。
まだまだそういう社会なのよね。
まだまだ母親が働いていることが罪悪視される世の中なのよね。
これだけ仕事と育児の両立支援が叫ばれていても!

保育園に預ける罪悪感は
ほとんど持っていないと断言すらできる私でも
病気の時に一緒に居てやらずに
病児保育室に預ける罪悪感はものすごくある。

我が家はというと
↓の記事で,先週水曜午後に発熱したハルも,
金曜にはだいぶ良くなって
しめしめ,土日に熱が上がらなければ
月曜に朝イチで治癒証明もらってその足で保育園だっ!!という私の目論見が
日曜午後にまた38度超えたことで見事に消え去ってしまった。

で,昨日おととい(月曜,火曜)と2日間病児保育室に預かってもらっている。
お医者には,熱が下がって2日間経たないと保育園はダメ,と言われ,
昨日また病児保育で38度!で,明日水曜も病児保育に預けることが決定。
早くても木曜からしか登園できないことになった。

はあ~~っ……
仕事に来ても集中できないし,
一体いつになったら保育園に行けるのかということばかり考える。
だって病児保育に預けるにしても朝1~2時間の休暇をもらわないといけないし
帰りも18時までに迎えが必要だから
普段より早く定時にダッシュで職場を去る必要があるから
夕方近くなると何となくソワソワして落ち着いて執務できないし。

私だって休んで一緒に居てやりたいよ。
咳がひどくてしんどそうにしてるのに
何で私はこうして仕事に来ているのだろう…と思う。
職場の上司は一応「大変だね」と言ってはくれるけど所詮他人事という感じ。
私が仕事休んだら「またらくのすけさん休んで。」と思うだけだろう。
病児保育に預けて出勤していることも知っているけど,
具体的にイメージなんか持ってるわけじゃないだろうから
その罪悪感や辛い思いなどきっと想像できないはず。

実際私が休むと
「明日の出張,明後日の会議の準備は?」
「実際の出張をキャンセルするのか?」ということになりやっぱり休めない。
1日だけ休めば,バッチリ治るというのならまだ大手を振って休めるけど
一体いつになったら治るんだ,というような状況だと
そう何日も何日も休めない。

早く治ってくれないことで
ハルに「なんでまた熱上がるのよ~!?」なんて
言ってもどうしようもないことを
むしろ彼女を傷つけるだけの言葉を口にしてしまう…

自己嫌悪と情けなさとやり場の無い怒り…

病児保育室は必要。
でも親が休める職場のバックアップ環境と
実効性のある制度がやはり最重要課題でしょう。
[PR]
by akirakuharu | 2006-02-07 12:49 | ワタシ

節分

e0063182_2148721.jpg

水曜夕方に熱出したハルはインフルエンザ!
しかも予防接種したA型とは…(>_<)
木曜は久々に病児保育室にお世話になり私は出張へ行きました。
でも金曜は仕事休みました。
出張や会議はなく,金曜じゅうの〆切の仕事もなかったとはいえ
何て言いにくいの「休ませてください…」って。
子ども看護休暇久しぶりに取りました。
でもハルは私と1日べったり過ごして嬉しかったよう。
夜にはだいぶ元気になって巻き寿司(恵方巻き)を南々東向いて食べました。

あ,その後,帰って来たオットと子どもたちは豆まき
1階,2階のあちこちの窓を開けては
「おには~そと!ふくは~うち!!」と叫んでおりました。v(^O^)
[PR]
by akirakuharu | 2006-02-05 21:48 | ハル
昨日のNHKローカルで,育児と仕事の両立をテーマに特集が放映された。
先日電話インタビューで答えたことが
どれくらい役に立ったかを確認したくて録画しておいた。
両立支援のうち,育児休業からの復帰に絞った構成で,
育休中の職場とのコミュニケーション,
男性(お父さん)の育児休業取得
企業内保育の3つの柱で進行。
それぞれ実行している企業や人に密着して,
具体的な内容であったのはよかった。

ただスタジオに来ていたお父さんが,
「保育園に預けていても,病気になった時が一番困る」と言っていた
子どもの病気対応については今回は触れられていなかったのが残念。

仕事に復帰して,企業内保育所も確かに助かるだろうけど
どこであろうと保育所に入所できれば,
とりあえずは1つハードルはクリアしたことになる。
でもその後が問題。
日々の残業との闘い,子どもの病気や行事,
こういう時に職場や社会がどう対応してくれるかが
仕事を続ける上で一番大事なんじゃないだろうか。

新しい病児保育システムを起業した人のことが,
ある人のブログに書かれていたけど
新しい試みとしてぜひうまく軌道に乗ってほしいと思う。
我が家は近くに病児保育ができて,この数年間どんなに助かったか。

今9歳のラクは,小さい時病気になって私やオットが仕事を休めない時は
本当は病気の時は対象外のシステムになっているベビーシッター会社に
無理を言って家に来てもらい,
1日13,000円くらい払って看てもらっていた。
(1,500円/1時間とかだから)
すぐに来てもらえず,
一旦帰宅して,シッターさんに預けてまた仕事に戻ったこともある。
つらかった。
実母が近くに居れば…と思っていた。

その後下のハルを産んで育児休業を取っている時に,
車で10分ほどの小児科が,病児保育室をオープン。
この後ハルが3歳になる頃まで,この保育室のヘビーユーザーだった我が家。
小児科が作っている病児保育だから
急変時などもすぐ対応してくれる安心さと料金の安さ(1日2,500円)。
職場でいくら子ども看護休暇が創設されても,
働いている以上どうしても休めないという時はある。
この保育室がどんなにか心強かったか。

でも,ハルが1歳2ヶ月の時,高熱が続いても年度末で仕事が休めず,
3日続けて病児保育室に預けていた時,
3日目の午後,職場に電話がかかり,
「らくのすけさん,ハルちゃんの容態が悪いので
今から入院してもらいます。」と言われ,
すぐさま職場から駆けつけのだけど,
病院へ向かう電車の中で泣きました。
「私はなんてひどいお母さんなの,
これでハルにもしものことでもあったら,後悔してもしきれない…。」と
涙がボロボロ落ちました。

病児保育室は必要。
でも本当は仕事を休んで両親などの温かい手を触れてあげるのが一番。
でもでもやはり,育児と仕事の両立支援をしようとするのなら,
どうしても仕事を休めない父母のために
病児保育室を全国全市区町に配置することくらいしていいはず。
子ども看護休暇は,1年に5日あるけれど,
最高で2日しか取ったことのない私の実情が物語っていると思う。
[PR]
by akirakuharu | 2006-02-01 13:00 | ワタシ